スマートフォン版へ

【天皇賞】サトノダイヤモンド視界良好 好アクション披露し1馬身差先着

  • 2017年04月14日(金) 06時00分
天皇賞(春)・G1」(30日、京都)

 今年初戦の阪神大賞典を好発進したサトノダイヤモンドが13日、栗東CWで併せ馬。相変わらずの好アクションを披露した。

 朝一番に姿を見せ、ゆったりとした脚取りから徐々にスピードアップ。併走相手のプロフェット(4歳オープン)をじっくりと確認しつつ、直線は内へ入れた。そこからがダイナミック。鞍上からの合図を待つまでもなく、瞬時に反応、1F11秒5で1馬身先着のフィニッシュだ。

「しまいをしっかりと追ってほしいという指示でした。時計も良かったですし、反応も動きも上々ですね」と手綱を取った岩崎助手はうなずく。

 有馬記念V以来となった休養明けの阪神大賞典でも、力の違いを見せて圧勝した。「完成度の高い馬ですし、変わらずいい状態をキープしている。それでも1度使った上積みは見込めると思いますよ」と同助手。キタサンブラックを再度、撃破へ-。春の盾への視界は良好だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す