スマートフォン版へ

2017年度最初の新馬戦はフリオーソ産駒のキタノシャガールが優勝

  • 2017年04月18日(火) 18時45分
 18日、門別競馬場で行われた2017年度最初の新馬戦、JRA認定スーパーフレッシュチャレンジ競走(2歳・ダ1200m・1着賞金300万円)は1番ウインディシティーが競走除外になり8頭で争われた。

 レースは、積極的に先手を取った桑村真明騎手騎乗の3番人気キタノシャガール(牡2、北海道・角川秀樹厩舎)がゴールまでその脚が衰えず2.1/2馬身差で逃げ切って優勝した。勝ちタイムは1分14秒3(稍重)。

 2着には道中2番手に付けていた新種牡馬エスポワールシチー産駒のヤマノファイト(牡2、北海道・村上正和厩舎)が粘り、3着には2番人気のダモンデ(牡2、北海道・田中淳司厩舎)が入った。なお、1番人気ディーエスパースン(牡2、北海道・松本隆宏厩舎)は5着に終わった。

 勝ったキタノシャガールは、父フリオーソ母ヴィジョンサクラその父ウイニングチケットという血統で、姉には2016年九州ダービー栄城賞を制したドンプリムローズがいる。

【勝ち馬プロフィール】
キタノシャガール(牡2)
騎手:桑村真明
厩舎:北海道・角川秀樹
父:フリオーソ
母:ヴィジョンサクラ
母父:ウイニングチケット
馬主:(有)新生ファーム
生産者:米田牧場
通算成績:1戦1勝

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す