スマートフォン版へ

ネオリアリズムが海外でGI初制覇!/クイーンエリザベスII世C

  • 2017年04月30日(日) 19時05分
 現地時間30日、香港のシャティン競馬場で行われたクイーンエリザベスII世C(3歳上・香G1・芝2000m・1着賞金1140万香港$)に、日本のネオリアリズム(牡6、美浦・堀宣行厩舎)が出走。

 8頭立てで行われ、J.モレイラ騎手騎乗のネオリアリズムは中団からの競馬。向上面で仕掛けて先頭に立つと、最後まで脚色が衰えることなく、後続の追撃を振り切って優勝した。昨年のマイルCS3着、香港マイル9着に続く3度目の挑戦で、うれしいGI初制覇。勝ちタイムは2分04秒59。

 2着はS.デソウサ騎手騎乗のパキスタンスター(セ4、香・A.クルーズ厩舎)、3着にはH.ボウマン騎手騎乗のワーザー(セ5、香・J.ムーア厩舎)が入った。

 半兄のリアルインパクトも豪州G1を勝っており、日本調教馬としては初となる兄弟国際GI制覇の偉業も達成した。

【日本馬のプロフィール】
ネオリアリズム(牡6)
騎手:J.モレイラ
厩舎:美浦・堀宣行
父ネオユニヴァース
母トキオリアリティー
母父:Meadowlake
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:19戦8勝
主な戦績:2017年クイーンエリザベスII世C(香G1)1着

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す