スマートフォン版へ

木幡親子が同一競走1・2着独占

  • 2017年06月03日(土) 16時51分
東京1レースで子・木幡初也騎手(13番オリジナルデザイン)が1着、父・木幡初広騎手(16番マヤノオラティオ)が2着となり、JRA史上初めてJRA所属の親子騎手が同一競走で1・2着を独占した。

なお、親子騎手の同一競走1・2着独占としては、子・鮫島良太騎手、父・鮫島克也騎手(佐賀)が5回(2014年3月1日第1回小倉競馬第7日2レースなど)記録している。


(JRA発表による)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す