スマートフォン版へ

スウェーデン国際女性騎手招待競走、藤田菜七子騎手は3着に

  • 2017年06月07日(水) 11時39分
 6日(火)にスウェーデン・ストックホルムのヤーデット競馬場で行われた「ファティマ・ビント・ムバラク妃殿下主催ワールドレディースチャンピオンシップ第8戦」(純血アラブ、芝2750m、7頭立て)で、藤田菜七子騎手(美浦・根本康広厩舎)はアリババデルソル(せん12歳)に騎乗して3着だった。

藤田菜七子騎手のコメント】
「草原にラチを置いただけのようなコースに驚きました。道中のアップダウンも多く、改めて日本の管理が行き届いた馬場がありがたく感じました。2750mという長いレースでしたが、調教師の指示通りコントロールすることもできました。最後は手応えも良かったので外に出して頑張って追いましたが、勝ち馬との力の差で少し及びませんでした。負けて悔しかったですが、納得のいく騎乗ができたと思います」

「今回はスケジュールに恵まれて本場イギリスのダービー、そしてフランスのダービーも観戦することができ、本当に良い経験ができました。この刺激を糧に、また日本に帰ってからも頑張りたいと思います」

(JRA発表)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す