スマートフォン版へ

3歳牝馬ジューヌエコールがレコードV、セイウンコウセイ4着/函館スプリントS

  • 2017年06月18日(日) 15時29分
 18日、函館競馬場で行われた函館スプリントS(3歳上・GIII・芝1200m)は、先団の後ろでレースを進めた北村友一騎手騎乗の3番人気ジューヌエコール(牝3、栗東・安田隆行厩舎)が、直線に入って一気に突き抜け、最後は中団から追い上げてきた4番人気キングハート(牡4、美浦・星野忍厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分6秒8(良、コースレコード)。

 さらにクビ差の3着に7番人気エポワス(セ9、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。なお、1番人気セイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)は4着、2番人気シュウジ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は10着に終わった。

 勝ったジューヌエコールは、父クロフネ母ルミナスポイントその父アグネスタキオンという血統。昨年のソルヴェイグに続く3歳牝馬のVとなった。重賞は昨年11月のデイリー杯2歳Sに続き2勝目。

【勝ち馬プロフィール】
ジューヌエコール(牝3)
騎手:北村友一
厩舎:栗東・安田隆行
父:クロフネ
母:ルミナスポイント
母父:アグネスタキオン
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:7戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年デイリー杯2歳S(GII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す