スマートフォン版へ

1億円超え15頭! 最高落札額は2億7000万円/セレクトセール1歳

  • 2017年07月10日(月) 20時13分
 2日間にわたって開催される「セレクトセール2017」が10日、北海道苫小牧のノーザンホースパークで開幕した。

 1歳馬セッションとなるこの日は242頭が上場され、216頭が落札。売り上げは86億3450万円(以下、金額は全て税抜で表記)で、過去最高を記録した昨年(81億3060万円)をさらに上回る史上最高額となった。落札率は89.3%、1頭平均は3997万円だった。

 1億円を超える高額落札馬は15頭と、こちらも昨年の14頭を上回った。その中でも最高落札額となったのが「リッスンの2016」(牡、父ディープインパクト)。「サトノ」の冠名でおなじみの里見治氏が2億7000万円で落札した。きょうだいに2015年のローズSを制したタッチングスピーチや、今年の共同通信杯3着のムーヴザワールドなどがいる血統で、栗東の池江泰寿厩舎への入厩が予定されている。里見オーナー悲願のダービー制覇の期待がかかる一頭になるだろう。

 2番目の高額馬は「シルヴァースカヤの2016」(牡、父ディープインパクト)。(株)キーファーズが2億6000万円で落札した。全兄シルバーステートは早くからダービー候補と言われた素質馬で、屈腱炎のためクラシック出走は叶わなかったものの、復帰後連勝を飾っている(現在5戦4勝)。

 3番目は「サミターの2016」(牡、父ディープインパクト)で、(株)ダノックスが2億5000万円で落札。母サミターは愛1000ギニー(愛G1)、ガーデンシティS(米G1)など英愛米で重賞3勝を挙げた活躍馬。ここまでの3頭が2億円を超える額で落札されている。

 また、早くも新馬戦を3勝している新種牡馬ロードカナロアの産駒「キングスローズの2016」(牡、父ロードカナロア)が(株)NICKSに1億8000万円で落札された。半兄に今年の日本ダービーに出走した(10着)サトノアーサーがいる血統で、全体でも5位タイとなる高額だった。

 その他では、昨年のドバイターフを制したリアルスティールの全妹「ラヴズオンリーミーの2016」(牝、父ディープインパクト)に注目が集まりそうだ。落札者はネット事業大手の(株)DMM.com(1億6000万円、牝馬最高額)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す