スマートフォン版へ

【メイクデビュー中京レース後コメント】 テイエムスグレモン川又賢治騎手ら

  • 2017年07月16日(日) 14時20分
中京6Rのメイクデビュー中京(芝1200m)は6番人気テイエムスグレモン(川又賢治騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3(良)。2馬身差2着に3番人気リリープリンセス、さらに1馬身差で3着に1番人気ヴァルディノートが入った。

テイエムスグレモンは栗東・山内研二厩舎の2歳牡馬で、父ディープブリランテ母フォレストゾーン(母の父Forest Wildcat)。

〜レース後のコメント〜
1着 テイエムスグレモン(川又騎手)
「いいスピードを見せてくれましたし、追って肩ムチ一発で反応してくれました。名前の通り優れ者(すぐれもん)ですね」

3着 ヴァルディノート(松若騎手)
「ゲートは練習ではもう少し出ていたのですが...。レースでは馬を気にしているところがありました。今日の感じだと距離は1400mくらいでもいいと思います」

4着 フランシスコダイゴ(内田博騎手)
「ゲートを出ませんでした。スタートを決めて流れに乗れれば、もっといい競馬が出来ると思います。今日もうまく捌いて最後まで差を詰めていましたし、内容は良かったです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す