スマートフォン版へ

【フィリピンT】(中京) リッパーザウィンがゴール前の激戦制す

  • 2017年07月16日(日) 17時30分
中京12Rのフィリピントロフィー(3歳以上1000万下、芝1200m)は8番人気リッパーザウィン(佐藤友則騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。クビ差2着に7番人気ブラッククローバー、さらにハナ差で3着に4番人気ウィズアミッションが入った。

リッパーザウィンは栗東・矢作芳人厩舎の5歳牡馬で、父ヨハネスブルグ母シャトルシャロン(母の父タイキシャトル)。通算成績は19戦4勝。

〜レース後のコメント〜
1着 リッパーザウィン(佐藤友則騎手)
「スタートで失敗してしまったのですが、(脚を)ためて行こうと思いました。直線は手応えがあっても馬が止めるようなところがあったのですが、あきらめずに追ったら、しぶとく伸びて頑張ってくれました」

4着 キョウワゼノビア(秋山騎手)
「頑張ってくれています。もう少し時計が掛かってくれた方がこの馬にはいいでしょう」

8着 メイショウベルボン(福永騎手)
「スタートからうまく乗れませんでした。馬は良くなっていたのですが...申し訳ないです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す