スマートフォン版へ

ディープブリランテ半弟などGI馬のきょうだいが多く上場! セレクションセールの見どころ

  • 2017年07月17日(月) 18時01分
 18日(火)、新ひだか町静内にある北海道市場で「セレクションセール2017」が開催される。ここ数年は売却率、売上総額なども前年を上回る好成績を収めており、昨年は売却率73.5%、売上総額も23億円を超えるなどいずれも過去最高。今年は10日、11日の2日間に渡って開催されたセレクトセールが過去最高の落札総額を記録したこともあり、その相乗効果も期待される。

 過去の取引馬にはGI(JpnI)競走10勝を挙げたホッコータルマエや、2016年高松宮記念を優勝したビッグアーサー、2008年朝日杯FSを制したセイウンワンダー、2006年NHKマイルC優勝のロジック、2007年中山大障害(JGI)を制したメルシーエイタイムなど多くの重賞活躍馬も取引されているこのセール。

 今年はハーツクライロードカナロアオルフェーヴルジャスタウェイなどセレクトセールでも人気のあった種牡馬の産駒が多く上場されるが、一番の注目は上場番号145番ラヴアンドバブルズの2016(牡・父オルフェーヴル)。

 半兄ディープブリランテは2012年日本ダービーを制し、父として7月2日のラジオNIKKEI賞優勝セダブリランテスを出すなどディープインパクトの後継として活躍中。父は今年産駒がデビューしたオルフェーヴル。姉にはセレクトセールで1億円を超えていた馬もおり、8年ぶりにディープインパクト以外の産駒となる本馬の評価にも注目が集まる。

 主な上場馬は以下の通り。

【No.11 チリエージェの2016】(牡・父ロードカナロア):父はセレクトセールでも人気のあったロードカナロア。半兄にはそのロードカナロアと好勝負を繰り広げたハクサンムーンや、2017年バヴァーリアンクラシック(独G3)を制したWarring Statesがいる。

【No.48 ランデブーの2016】(牡・父ヨハネスブルグ):父ヨハネスブルグは産駒が増えた現2歳世代がすでに5頭勝ち上がっており、好調な滑り出しを見せている。母は中央未勝利だが、母の半兄には2003年NHKマイルCで3着、中山競馬場の芝1600m重賞を3勝したマイネルモルゲン、近親には重賞3勝を挙げたナリタキングオーなどがいる。

【No.118 テンザンローズの2016】(牝・父スズカフェニックス):2013年NHKマイルCを制したマイネルホウオウの全妹。マイネルホウオウ含め中央でデビューした産駒3頭はすべて勝ち星を挙げている。

【No.124 セイウンクノイチの2016】(牡・父キングズベスト):半兄に2008年朝日杯FSを制したセイウンワンダー。兄セイウンワンダーは2007年セレクションセール取引馬で840万円の価格で取引されている。 ※セイウンワンダーはその後、2008年JRAブリーズアップセールで2730万円で取引された。

【No.142 プリモカラーズの2016】(牡・父サウスヴィグラス):7月12日に行われたジャパンダートダービー(JpnI)で地方馬として7年ぶりに優勝したヒガシウィルウィンと同じ父、同じグランド牧場生産。3代母には牝馬としてケンタッキーダービーを制したWinning Colorsがいる。

【No.167 シルクヴィーナスの2016】(牝・父ケープブランコ):地方所属馬として2014年京成杯を制したプレイアンドリアルを半兄に持つ血統。4代母はケイティーズで、ヒシアマゾンアドマイヤムーンと同牝系。

【No.200 シェアエレガンスの2016】(牡・父マンハッタンカフェ):全兄に2011年天皇賞・春を制したヒルノダムールがいる血統。父マンハッタンカフェは2015年に亡くなっているため、この2016年度産駒がラストクロップ。

【No.201 ルナースフィアの2016】(牡・父ヘニーヒューズ):半兄に2008年ジャパンカップダート2着など重賞5勝を挙げダート戦線で活躍したメイショウトウコン。近親にはダイナコスモスクラフトマンシップクラフトワークがいる。

【No.208 マイネカプリースの2016】(牝・父クロフネ):先日のセレクトセールでも高値で取引されたクロフネの牝馬。半兄に2014年スプリンターズS覇者のスノードラゴン。4代母はロイヤルサッシュサッカーボーイステイゴールドと同牝系。

 なお、netkeibaではJBIS(公益社団法人日本軽種馬協会)協力のもと、18日「セレクションセール2017」の模様を午前10時から生配信する。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す