スマートフォン版へ

武井亮調教師が高く評価するナスノシンフォニーがデビュー/関東メイクデビュー情報

  • 2017年07月17日(月) 18時00分
 今週は早くも中央で最初の2歳重賞が行われるが、今週デビュー予定の馬にも今後の重賞戦線を沸かせてくれそうな楽しみなメンバーが揃っている。

◆ギルトエッジ(牡、父ノヴェリスト、母ランズエッジ、美浦・中川公成厩舎)

 母は未勝利だが、その兄姉(伯父、伯母)にディープインパクト、ブラックタイド、レディブロンドがいる。ゲート試験に合格してからはノーザンファーム天栄で調整し、6月末に再入厩。先週の7月13日にはウッドチップコースで追い切られ、3歳馬を相手に追走先着と上々の動きを見せた。「大きな馬で緩いけど、走らせれば気持ちは前向き。切れるタイプというより、持久力型でスタミナがありそう。血統的にも楽しみ」と中川公成調教師。7月23日、福島の芝2000mを内田博幸騎手で予定している。

◆ナスノシンフォニー(牝、父ハーツクライ、母ナスノシベリウス、美浦・武井亮厩舎)

 母は芝で3勝。一族からはミッドサマーフェア(フローラS)が出ている。7月13日には木幡巧也騎手が跨がり...

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す