スマートフォン版へ

最高売上額を大きく更新! 落札額トップはロードカナロア産駒/セレクションセール

  • 2017年07月18日(火) 18時43分
 18日、北海道新ひだか町の北海道市場で「2017セレクションセール」が行われた。

 1歳馬226頭(牡馬161頭、牝馬65頭)が上場され、うち184頭(牡馬138頭、牝馬46頭)が落札。売却総額は31億1061万6000円(以下、金額は全て税込で表記)で、1歳馬市場のみとなった2011年以降で最高だった昨年の25億2590万4000円を大きく上回った。売却率は81.41%、平均価格は約1691万円で、売却率が80%を超えたのは今回が初めて。

 最高落札額となったのは、「チリエージェの2016」(牡、父ロードカナロア)。(同)雅苑興業が4752万円で落札した。父ロードカナロアは早くもJRAで産駒4頭が勝ち上がっている新種牡馬で、その父のライバルだったハクサンムーンが半兄にいるという血統。

 2番目の高額馬は「トウカイポピーの2016」(牡、父ロードカナロア)と、「セルリアンブルーの2016」(牡、父グランプリボス)で、前者は永井商事(株)、後者は了徳寺健二氏が4104万円で落札。「セルリアンブルーの2016」はグランプリボスの初年度産駒にあたる。

 その他では、2012年のダービーディープブリランテの半弟「ラヴアンドバブルズの2016」(牡、父オルフェーヴル)が3132万円(小笹公也氏)、2011年の天皇賞・春を制したヒルノダムールの全弟「シェアエレガンスの2016」(牡、父マンハッタンカフェ)が1512万円(加藤和夫氏)、2014年のスプリンターズS覇者スノードラゴンの半妹「マイネカプリースの2016」(牝、父クロフネ)が756万円(日本中央競馬会)で落札されている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す