スマートフォン版へ

英インターナショナルSはユリシーズが優勝、2つ目のG1タイトル奪取

  • 2017年08月25日(金) 16時30分
 現地時間23日、イギリスのヨーク競馬場で行われた英インターナショナルS(3歳上・G1・芝約2100m)は、J.クローリー騎手騎乗のユリシーズ(牡4、英・M.スタウト厩舎)が優勝した。勝ちタイムは稍重で2分12秒11。また、スタウト師はこのレース6度目の勝利。

 7頭立てで行われ、中団からレースを進めたユリシーズは直線外から追い込み、最後の100mほどで抜け出し、1番人気に推されていた今年の英愛2000ギニー(G1)の優勝馬・チャーチルに2馬身差をつけゴールした。3着は今年のセントジェームズパレスS(G1)優勝馬のバーニーロイ。今年の英ダービー(G1)の2着馬・クリフスオブモハーは4着に終わった。

 ユリシーズは父Galileo母Light Shift(その父Kingmambo)の4歳牡馬。前々走のエクリプスS(英G1、芝2000m)でG1を初勝利し、前走のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSでは現在凱旋門賞1番人気となっているエネイブルの2着だった。通算成績は12戦5勝。この勝利を受け、欧州の各種ブックメーカーではユリシーズを凱旋門賞の前売りオッズで日本馬サトノダイヤモンドと並び3,4番人気の評価とした。スタウト師はユリシーズの目標を米G1・ブリーダーズCターフとしている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す