スマートフォン版へ

15年に消滅したシンガポールの国際競走が19年から再開

  • 2017年08月28日(月) 11時20分
 2015年の開催を最後に消滅してしまったシンガポールの国際競走が、2019年に再開されることになった。主催するシンガポールターフクラブが23日に明らかにしたものだ。

 2000年に創設され、2002年に国際G1の格付けを得たのが、距離2000mのシンガポール航空国際Cで、日本馬は2006年にコスモバルクが、2007年にシャドウゲイトが優勝。1年遅れた2001年に創設されたのが距離1200mのクリスフライヤー国際スプリントで、こちらのレースにおける日本馬は、一度も優勝を果たしていない。

 創設当初からの冠スポンサーだったシンガポール航空が、業績悪化でレースの後援から撤退。賞金の捻出が困難になったとして、2016年以降は2競走とも開催が行われていなかった。

 2019年に施行されるのは、距離1600mと1200mの国際競走で、前者が総賞金300万ドル、後者が総賞金135万ドルになる予定。開催日はかつてのシンガポール国際競走同様、5月の第3日曜日となる模様だ。

 すなわち、距離1600mの競走に関しては、5月第一週に行われる香港のG1チャンピオンズマイルと、6月第一週に行われる日本のG1安田記念の間に施行されることになるわけで、実際にどのような顔触れが集まることになるのか、未知数の部分が多そうである。

(文:合田直弘)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す