スマートフォン版へ

【小倉2歳S】アサクサゲンキ 武豊に導かれ“ナツコク”有終V

  • 2017年09月04日(月) 06時00分
 「小倉2歳S・G3」(3日、小倉)

 “ナツコク”の主役は、やはりこの男だった。武豊騎乗の3番人気アサクサゲンキが、好位から鮮やかに抜け出し、重賞初Vを飾った。鞍上はダイアナヘイローで制した北九州記念に続き、今夏の小倉重賞は2戦2勝。開催リーディングこそ1勝差で幸に譲ったが、2位の計14勝で小倉ターフ賞にも輝き、「いい形で締めくくれたし、秋も頑張りたい」と白い歯をこぼした。

 完璧なエスコートだった。好発から3番手へ。直線は荒れた内を避けて外に出すと、左ステッキで力強い末脚を引き出した。「手応えも良かったし、早めに先頭に立っても、押し切ってくれると思った。競馬は初めて乗ったけど、一戦ごとに良くなっている」と高評価だ。

 前走でコンビを組んだイイコトズクシと両方に乗れる状況で、音無師は、騎乗馬の選択を鞍上に委ねた。「豊の方が見る目があったな」と舌を巻く。師はこの勝利で、四つある小倉平地重賞を完全制覇。史上4人目の記録達成に「知らなかった。今初めて聞いた」と目を丸くして笑った。

 今後は放牧を挟んで京王杯2歳S(11月4日・東京)から、朝日杯FS(12月17日・阪神)を目標に。名手は「やんちゃなところがあるし、そういう意味で伸びしろもある」と将来性を買う。元気いっぱいの小倉2歳王者は、次は世代の頂点を目指して走り続ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す