スマートフォン版へ

豪華メンバー集結の秋華賞トライアル/ローズSの見どころ

  • 2017年09月11日(月) 10時00分
 天皇賞に向かうオークスソウルスターリングこそいないものの、桜花賞レーヌミノルをはじめとしたクラシック上位馬や、大器ファンディーナなど豪華メンバーが揃ったローズS。勝って秋華賞に進むのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■9/17(日) ローズS(3歳・牝・GII・阪神芝1800m)

 ファンディーナ(牝3、栗東・高野友和厩舎)はデビューから無傷の3連勝でフラワーCを制し、皐月賞に挑戦。有力牡馬を差し置いて1番人気に支持されるも7着に敗れ、その後は休養に入った。秋は牝馬路線に戻って秋華賞が目標。ここで改めて世代ナンバーワンとまで言われた能力を見せることができるか。

 レーヌミノル(牝3、栗東・本田優厩舎)はソウルスターリングらを破って桜花賞をV。2冠制覇に挑んだオークスでは距離に泣いて13着に終わったが、1800mなら対応可能だろう。巻き返しを期待したい。

 アドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道康夫厩舎)は馬場に苦しんだ桜花賞では12着だったが、続くオークスでは最速(タイ)の脚を使って3着に入った。外回りの今回もその末脚が生かせるはず。C.ルメール騎手とのコンビ復活にも注目。

 モズカッチャン(牝3、栗東・鮫島一歩厩舎)は初勝利まで3戦を要したものの、そこから3連勝でフローラSを制覇。続くオークスでもソウルスターリングに迫る2着と好走した。今秋はM.デムーロ騎手との新コンビでGI獲りを目指す。

 その他、桜花賞2着・オークス5着のリスグラシュー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)、前走古馬相手にレコード勝ちのミリッサ(牝3、栗東・石坂正厩舎)、チューリップ賞で2着の実績があるミスパンテール(牝3、栗東・昆貢厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す