スマートフォン版へ

サトノダイヤモンドは4着、ドイツのチンギスシークレットが優勝/仏・フォワ賞

  • 2017年09月11日(月) 09時30分
 現地時間10日、フランス・シャンティイ競馬場で行われたフォワ賞(4歳上・仏G2・芝2400m・1着賞金7万4100ユーロ)に、日本のサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)と、サトノノブレス(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)が出走。

 6頭立てで行われ、サトノノブレスが押してハナに立ち、2番手にサトノダイヤモンドという展開。直線に向いて手応えよくサトノダイヤモンドが先頭に立つが、その後ろにいたドイツのチンギスシークレット(牡4、独・M.クルーク厩舎)が徐々に迫り、さらに外からV.シュミノー騎手騎乗のタリスマニック(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)が追い込んでくる。残り200mでサトノダイヤモンドの手応えが悪くなり脱落。結局、チンギスシークレットが抜け出して優勝した。勝ちタイムは2分35秒86。通算成績は11戦6勝。

 2着は最後方から追い込んだ、M.バルザローナ騎手騎乗のクロスオブスターズ(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)、3着にはタリスマニックが入った。なお、サトノダイヤモンドは4着、サトノノブレスは6着。

【日本馬プロフィール】
サトノダイヤモンド(牡4)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬主:里見治
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦7勝(重賞5勝)
主な勝ち鞍:2016年有馬記念(GI)

サトノノブレス(牡7)
騎手:川田将雅
厩舎:栗東・池江泰寿
父:ディープインパクト
母:クライウィズジョイ
母父:トニービン
馬主:里見治
生産者:メジロ牧場
通算成績:32戦6勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2016年鳴尾記念(GIII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す