スマートフォン版へ

【ローズS】ミリッサ偉大な姉に続く まずは重賞初Vだ!

  • 2017年09月13日(水) 07時00分
 「ローズS・G2」(17日、阪神)

 偉大な姉の背を追うために、まずは重賞初制覇を決めておきたい。16年オークスシンハライトの異父妹ミリッサは、クラシックの舞台にこそ縁がなかったが、立て直してから一気に2連勝。前走は古馬を相手にレコードと、良血開花の兆しを強烈に印象づけた。

 前走後はここを目標に順調な仕上がり。井上助手は「カイバも食べていますし、すごく落ち着いている。精神面で大人になっていますね。自由自在に乗れる馬ですし、いいバネをしている馬」と目を細める。シンハライトのほかにも、アダムスピーク(11年ラジオNIKKEI杯2歳S)、リラヴァティ(16年マーメイドS)と兄姉に重賞ウイナーがズラリ。もちろん、ミリッサにもタイトルを獲るだけの力は備わっている。

 シンハライトは昨年の当レースを制し、秋華賞に王手をかけたが、屈腱炎を発症して無念のリタイア。姉が成し遂げられなかった夢の続きを、妹がつなげてみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す