スマートフォン版へ

【マイラーズC】安田記念の前哨戦、あの馬の巻き返しを期待/JRAレース展望

  • 2019年04月16日(火) 06時00分
 安田記念の前哨戦で、古馬のマイル戦としては数少ないGII戦。2012年に阪神最終週から京都開幕週に移動して、よりスピードが要求されるようになった。その反面、底力は求められなくなった印象で、京都に移動後の過去7年間、マイラーズCをステップにした馬が安田記念で連対した例は皆無だ(昨年2着のモズアスコットは安土城Sを挟んで安田記念を制覇)。

1.実績馬の壁は高い

 2018年は上がり馬のモズアスコットが2番人気、ロジクライが3番人気に支持されたがそれぞれ2、7着で、勝ったのはすでにスワンS勝ちの実績のあったサングレーザーだった。阪神時代を含む過去10年間で、斤量56kgが連対率10.3%、57kgが18.6%、58kgが20.0%。斤量が重い(=実績上位の)馬ほど成績が上がる傾向が出ている。

2.スピードが求められる

 京都に移動した2012年以降の7年間で、前走で1400mに使われていた馬は[2-3-0-6]で勝率18.2%・連対率45.5%。出走数はそれほど多くない中で、前走1400組は最近4年間続けて連対馬を出しており、昨年は前走1400組でワンツーだった。開幕週のスピードレースで流れに乗るために、短めの距離を走ってきた経験が活きる、というデータ。

3.3F33秒台の上がりが必要

 過去5年間で勝ち馬がマークした上がり3Fの推定タイムは、昨年から33.2、32.9、34.0、32.9、33.2。良馬場ながら雨の影響が残っていた2016年を除けば、勝った馬はいずれも33秒そこそこの脚を使っている。安田記念を勝つモズアスコットが昨年2着と勝ち損ねたように、パワーや底力よりも軽いキレ味が求められる傾向にある。


 ケイアイノーテックは昨年のNHKマイルCを上がり3F33.7秒の脚を繰り出して勝利した。それを含めてこれまでの3勝は、いずれも上がり3F33秒台をマークしている。キレ味が要求されるレースで持ち味を最大に発揮できる馬だ。前走の根岸Sはダート挑戦だったし、前々走の阪神Cとその前のマイルCSはいずれも外々を回されての敗戦。適条件に変わる今回は別の結果が期待できる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す