スマートフォン版へ

マンハッタンカフェ、凱旋門賞13着

  • 2002年10月07日(月) 00時52分
 6日(日本時間7日)、フランス・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(国際G1・芝2400m)は、直線内から馬群を捌いたL.デットーリ鞍上のマリエンバードが優勝。2着には外から強襲した仏ダービー馬スラマニ。日本から出走したマンハッタンカフェは直線半ばで力尽き、13着に終わった。
 勝ったマリエンバードはビン・スルール厩舎所属の牡5歳。前走ドイツ・バーデン大賞(G1・芝2400m)を勝利してこのレースに臨み、見事世界の頂点に立った。バーデン大賞、凱旋門賞ともにエミレーツワールドシリーズの対象レースとなっており、この勝利で同シリーズ単独トップとなった。

【レース概要】
 ブラックサムベラミーが先頭でレースを引っ張り、人気の一角ハイシャパラルはそれを見る3番手。マンハッタンカフェは好スタートから4番手外目を追走。マリエンバードは同じ位置の最内から。人気のスラマニは後方集団からレースを進めた。
 3〜4角にかけてペースアップすると、マンハッタンカフェは追走一杯の形。一方マリエンバードは最内から馬群の間隙を縫い、残り100mで先頭に立つと、外から強襲したスラマニを退け世界の頂点に立った。マンハッタンカフェは直線半ばで失速。無念の結果に終わった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す