スマートフォン版へ

ジョワドヴィーヴル、調教中に故障し予後不良に

  • 2013年05月29日(水) 10時31分
2011年の阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)に優勝したジョワドヴィーヴル(牝4 栗東・松田博資)は、今朝の調教中に左下腿骨開放骨折を発症し、予後不良となった。

JRA通算成績 7戦2勝
重賞勝鞍 2011年 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

(JRA発表による)

ジョワドヴィーヴル父ディープインパクト母ビワハイジ。2011年に2戦2勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制し、JRA賞最優秀2歳牝馬に選出された。クラシックでも期待されたが骨折で戦線離脱。今年の京都記念で復帰し、ヴィクトリアマイルで4着。今週の鳴尾記念に登録していた。

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す