スマートフォン版へ

【有馬記念】(中山)〜オルフェーヴルが8馬身差Vで有終の美を飾る

  • 2013年12月22日(日) 17時03分
中山10Rの有馬記念(3歳以上GI・芝2500m)は、1番人気オルフェーヴル(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分32秒3。8馬身差の2着に4番人気ウインバリアシオンが、1馬身半差の3着に2番人気ゴールドシップがそれぞれ入線。

オルフェーヴルは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牡馬で、父ステイゴールド母オリエンタルアート(母の父メジロマックイーン)。通算成績は21戦12勝となった。

レース後のコメント
1着 オルフェーヴル 池添謙一騎手
「レース後、引き上げてきて手を上げたのはファンにオルフェーヴルが1番なんだとアピールしたくてやりました。池添コールよりもオルフェコールをお願いします。スタートして、他の馬や位置取りは考えず、オルフェーヴルと呼吸を合わせて、リズムよく走らせることに専念しました。少し行きたがりましたが、ゴールドシップの後ろで我慢してくれと思いながらレースを進めました。少し動くのが早いかなとは思いましたが、手応えは十分で、後ろからは差されないと思って4コーナーを回りました。東日本大震災の年に3冠馬になったオルフェーヴルは多くの人に元気を与えたと思います。これまでの名馬と同じく、オルフェーヴルのことを語り継いで欲しいと思います。オルフェーヴル、お疲れ様でした。オルフェーヴルは世界一強い馬だと思っています」

2着 ウインバリアシオン 岩田康誠騎手
「少し前に出して行った分、多少は力んでいましたが、すぐに折り合ってくれました。相手が悪かったですが、よく走ってくれました。この馬自身も能力があるということがわかりました」

松永昌博調教師のコメント
「完全に復調しています。よく立ち直ってくれました。このあとは春の天皇賞を目指すことになると思います。来年に向けてがんばっていきます」

3着 ゴールドシップ R.ムーア騎手
「すごくよく走っていますが、勝った馬が強すぎました。それに今日の馬場は合っていなかったようです。次は走ってくると思います」

4着 ラブイズブーシェ 武豊騎手
「このメンバーでこれだけ走れましたし、来年は重賞へ手が届くと思います」

5着 タマモベストプレイ 和田竜二騎手
「流れに乗れて手応えもあり、『おっ』と思ったのですが......。体が絞れて具合もよく、このメンバーでも走ってくれましたし、来年も楽しみです」

6着 カレンミロティック 戸崎圭太騎手
「3〜4コーナーの馬場が荒れていた分、脚をとられてしまいました」

7着 デスペラード 横山典弘騎手
「直線で前が開いていればと思うところもありましたが、それも競馬です。馬はがんばってくれました」

8着 トゥザグローリー C.ルメール騎手
「道中はスムーズでしたが、追い出すときに前の馬が早めに下がってきて、スペースがなくなりました」

9着 テイエムイナズマ M.デムーロ騎手
「スタートで遅れてしまい、後ろからの競馬になりました。折り合いが難しいと聞いていましたが、スムーズに運べました。このメンバーでよくがんばってくれました」

10着 ヴェルデグリーン 田辺裕信騎手
「走りますね、勝ち馬は。ポジション的にも勝ち馬をマークできて、出方を見ていました。しかし、勝ち馬とは手応えの差だと思います。距離はもちそうですが、この相手でやっていくにはさらにパワーアップしてもらいたいです。状態はよかったです。また来年、いい競馬をしてもらいたいです」

11着 アドマイヤラクティ C.ウィリアムズ騎手
「それぞれのコーナーの馬場が悪く、脚をとられていました。徐々に3番手あたりにつけていくつもりが、その影響でついていけなくなりました。さらに4コーナーで狭くなり、下がってしまいました。最後はもう1回伸びているだけに、スムーズなら5、6着はあったかもしれません。直線だけで脚を使っても無理でした」

12着 ラブリーデイ 蛯名正義騎手
「のめっていました。3〜4コーナーでドンという感じで躓いて、バランスがとれなくなってしまいました。しかし、これからの馬ですから、これがいい経験になればいいと思います」

13着 ナカヤマナイト 柴田善臣騎手
「具合もよかったですし、道中も折り合いがつきましたが、距離が長かったです」

14着 トーセンジョーダン 内田博幸騎手
「中団から徐々に出していくレースをしましたが、時計のかかる重い馬場が向かなかったのかもしれません」

16着 ルルーシュ 福永祐一騎手
「2番手から他馬に交わされて走りがバラバラになってしまい、無理をしませんでした。距離も長いかもしれません」

提供:ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す